京成杯 日経新春杯 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新
新至極該当馬&至極該当馬の結果はレース後の当日か翌日には更新します。最下部記載⇩

京成杯

過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率30%・複勝率70%・単勝回収値104・複勝回収値107
1~3番人気成績:勝率17%・複勝率47%・単勝回収値67・複勝回収値76
平均馬連配当:2,537円
平均三連複配当:7,644円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠1-2-4-22/293%24%7271
3~6枠7-4-6-55/7210%24%6662
7~8枠2-4-0-35/415%15%2129

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位4-2-4-25/3511%29%12077
2~3位4-5-4-27/4010%33%6281
4位~2-3-2-60/673%10%1626

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長5-2-2-51/608%15%8249
前走と同距離5-8-8-61/826%26%3558
前走より距離短縮0-0-0-0/00%0%00

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


10kg増のエリカ賞はメンバーも内容もレベルが高く、ホープフルSで勝ち馬のサトノヘリオスが惨敗したが、あちらは中1週の望来くん。

新馬も後半1000mすべて11秒台のロングスパート戦で、テンダンスとの一騎打ちを制したように2戦ともレベルが高い。

桜花賞馬ジュエラー×キタサンブラックなら中山2000mも良さそうだし、好位差しの脚質は安定感がある。

大物感は薄めでもレースレベルと立ち回りで上位評価。

逃げ候補。なかなか勝てなかったが、注文をつけて逃げた前走は圧巻。

ほとんど追わずに楽勝で、前日の京都2歳Sと互角のラップを踏んだ。

祖母ロンドンブリッジのルーラーシップで、キセキとは8分の7同血。

ここも行けるなら侮れず、松若だし逃げてほしい。もう少し売れると思ったが。

新馬はホウオウプレミアとクビ差。

2戦目は淀みないペースを早め先頭でレヴァンジルとの一騎打ち、後続には8馬身。

熱発明けの東京で未勝利を抜けたが、中山2000mのほうが合いそうだし、上位評価の中では人気がなく狙いやすい。

武史が乗れないのは痛いが、先行するなら松岡は悪くないと思う。

調教はズブいところを見せたので、追い出して反応できるかどうか。

Acatenangoを持つワールドエースに、キングカメハメハ×トニービン×ノーザンテースト。牝系はアンバーシャダイ、イブキマイカグラ、サクラバクシンオーを出した名門だ。

東京ではためて勝ったが、希望としてはロングスパートでスタミナ勝負に持ち込みたい。

ホウオウの小笹氏が3億円近い金額で落札した期待馬。

百日草特別はスローで行きたがったが、33.1でオニャンコポンを追い詰めた。

内容はこちらが圧倒的に上で、右回りの多頭数でさらに上が見込める。

本当の持続力勝負になるとロードカナロアが気になってくるのと、外枠で折り合い不安はあるが、穴はそのくらい。

エアグルーヴ牝系らしく完成は先だろうが、伸びしろは絶大。

芦毛の大物誕生となるかどうか。ノーザンの上級素質馬に岩田父が乗るのって最近見ない気も。

いろいろと気になる存在です。

同舞台の未勝利は前が詰まりながら、最後は凄い脚で差しきり。

外枠は不利だが、中山2000mの適性はかなり高そうだ。

大型馬で調教も上向き、大物感もあるハービンジャーだ。

ヒシアマゾンのケイティーズ牝系で、エフフォーリアは近親。


日経新春杯

過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率40%・複勝率70%・単勝回収値109・複勝回収値99
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率43%・単勝回収値79・複勝回収値67
平均馬連配当:7,953
平均三連複配当:20,668

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠5-2-2-21/3017%30%15283
3~6枠4-7-5-58/745%22%1879
7~8枠1-1-3-37/422%12%4740

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位2-3-4-20/297%31%146128
4~6位2-4-3-20/297%31%2461
7位~6-3-3-73/857%14%3454

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長3-5-5-57/704%19%6758
前走と同距離1-3-3-19/264%27%47157
前走より距離短縮6-2-2-39/4912%20%3938

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

チャレンジCは酷いスローで、位置は良かったが決め手のないこの馬には無理なレース。

小倉記念は恵まれたが、不向きな佐渡Sでも馬券になっていたし、成長期だろう。

距離延長は歓迎で、松山がインで粘らせる競馬になれば可能性はありそうだ

少しでも上がりのかかる流れになってほしいので、自分で動くのもアリかと。

有馬記念は正攻法で外を回す強い競馬。タフさがあり57kgでも崩れないだろう

神戸新聞杯を勝った中京2200mも合いそうだ。

調教からは問題なさそうに見えるが、あとは激戦の疲労がどうか。

良馬場では勝ちきれないレースが多いので、2.3着はありそうな気がする。

どこかでG1を勝ってバゴの後継として種牡馬入りして欲しい馬。

人気で消えるムラ駆けの印象はあるが、大きく負けたのは初遠征の青葉賞と3200mの松籟Sだけ。

中京2200mは〔2 1 0 0〕。10週以上開いた休明は〔3 1 1 0〕と崩れないし、昨年はこの時期に同コースを圧勝。

望来くんから豊さんに替わり、展開も向きそうだし、いろいろと加点が多い

今回は人気でも買うしかないのでは。

武豊の2日連続があるかは怪しいけれど、馬場はもちろん把握されているし、友道先生もまだ上を目指している馬。

勝つときは鮮やか。

ダービーは掛かり気味から外に出して密集馬群に阻まれ、内に切り替えてまた詰まり。

よくあれで0.6差7着まで来たという内容で評価大。

目の外傷で開いたが乗り込みは十分。馬体は成長してかなり良く見せるが、動きはもう一つで太めなのかも。

判断が難しい。友道と川田を信頼するかどうか、関係ないけどデゼルはあと一歩でした。

仕上げがそれなりなら当然有力。オッズ的には4人気相当になりそうで、美味しいと考えています。

勝浦とは(失礼ながら)なぜか〔0 3 1 0〕で、それも5.11.13.5人気での好走という驚くべき過去実績が。

指数は足りないが、ハマれば長く良い脚が使える馬。

7歳以上は来ないレースなので、ヨーホーレイクが動けなかったときには。


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動



単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA