青葉賞 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


青葉賞

1番人気成績:勝率30%・複勝率90%・単勝回収値77・複勝回収値129
1~3番人気成績:勝率17%・複勝率43%・単勝回収値57・複勝回収値69
平均馬連配当:6,110円
平均三連複配当:13,397円


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日更新)

 ここ2戦の指数は悪くないが、こちらも相手関係的に拾いにくい。

しかも人気になるなら手が出ない。

接戦の相手がサインオブサクセス(1勝クラスでレヴァンジルと0.6差)、サクセスドレーク、オウケンボルト。そのままでは足りず、東京向きとも言えない印象。

川田さん怖いですが、人気的には軽視・・・

買うなら押さえ程度。

掛かるうえに、口向き悪く外に逃げて乗り難しい。

それでも素質馬アーティットを捉えて未勝利勝ち、ゆきやなぎ賞は完全に抜けたところを大外から強襲されたもので、いずれも内容がある。

左回りのほうが良さそうで、戸崎も加点すれば可能性あり

半姉は阪神JFのショウナンアデラ、祖母が仏1000ギニー勝ち馬という牝系も魅力。

未勝利勝ちはサンストックトンとの一騎打ち、1勝クラスはアスクビクターモアにクビ差敗れたが、グランシエロを新馬で負かしたヴァーンフリートには1馬身差をつけた。

安定感と相手関係から上位評価は揺るがない

堀厩舎らしくしっかり攻められてきたし、関西遠征から地元に変わるのは加点。

すみれSは逃げて失敗したので、レーンは好位から運ぶことになるのかな。

小崎の2戦は無策ともいえる仕掛け遅れ、大外ぶん回し。

暮れの1800mで前残りを猛然と詰めたように脚は見せていたが、武豊に替わり連勝。

まだ底を見せていない。未勝利勝ちは着差こそ僅かだが最後まで余裕があったし、前走は長く脚を使って快勝。

瞬発力と持続力を兼備して、左回りも問題ない

課題は2走前に掛かっていたことで、母(6勝、セントウルS3着のスプリンター)の血もあって距離延長はプラスではないだろう。

道中は最後方でもいいので、折り合い重視で運べれば。まとめて差し切る脚はあり。

 前走は大幅に増えていたが馬体は良かったし、内枠から展開も楽で快勝。

パワーと持続力タイプで青葉賞にはいい(ダービーでは瞬発力が必要)が、抜けてからも追わせたようにもう少し切れは欲しいところ。

伸びしろと友道厩舎で加点、相手関係は人気と見合わないかな。

アイビーSは出遅れたがアスクビクターモアを差し、ドウデュースに迫った。

東スポ杯は中団を追走するも弾けず、差しに回ったほうが良さそうだ。

ゆりかもめ賞は前残りでレヴァンジルと0.3差、その後の成長や展開の助けがあれば互角の評価でいい。

調教はかなり動けるようになっているし、ハーツクライの大型馬で伸びしろは大きい

あとは鞍上ですかね。最後方から追い込むも4着、というシーンはありそうで。


【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA