去年の夏頃から新たな手法(至極指数を駆使した買い方)を試しております。

昨年の12月末で半年経過し、まだ6カ月間ですが何とかお披露目出来そうな結果が出ていますので予告しておきます。

まずは下記結果をご覧ください。

※現在公開中

12月は本命寄りにて唯一出たマイナスでも75%(開始から2022年1月現在)

【見方】

レース名 配当=払い戻し

2022年

1月

日経新春杯   1610=88550

●京成杯     不的中

フェアリーS  2200=121000

シンザン記念  1490=81950

中山金杯    1720=94600

●京都金杯    不的中

12月 的中4/6R 的中率66% 投資297000円→回収224400円 回収率75%

阪神カップ   1180=64900

●ターコイズ   不的中 

カペラ     1160=63800

●中日新聞杯   不的中

チャレンジ   580=31900

ステイヤーズ  1160=63800


11月 的中6/9R 的中率66% 投資445500円→回収672650円 回収率150%

京阪杯     2770=152350

●ラジオ京都   不的中        

●東京スポ杯   不的中        

福島記念    2470=135850

武蔵野ステーク 1810=99550

●みやこステーク 不的中         

アルゼンチン  1330=73150

ファンタジー  380=20900

京王杯     3470=190850


10月 的中7/8R 的中率87% 投資396000円→回収790900円 回収率199%

スワン     1670=91850

アルテミス   2660=146300

富士ステークス 1720=94600

府中牝馬    3980=218900

毎日王冠    580=31900

京都大賞典   3770=207350

●シリウスS    不的中  

         
9月 的中5/10R 的中率50% 投資495000円→回収516450円 回収率104%

●神戸新聞杯   不的中           

オールカマー  1760=96800

●セントライト  不的中         

ローズS     3290=180950

京成杯       770=42350

セントウル   1110=61050

●紫苑ステークス 不的中      

新潟記念    810=44550        

●小倉2歳      不的中     

札幌2歳     1650=90750


8月 的中7/8R 的中率87% 投資396000円→回収837650円 回収率211%

新潟二歳     600=33000

キーンランド   5080=279400

北九州記念     2120=116600

小倉記念      2590=142450

関屋記念      700=38500

●エルム       不的中

レパード      2280=125400

クイーン      1860=102300


7月 的中4/7R 的中率57% 投資346500円→回収553850円 回収率159%

●アイビス     不的中

中京記念     1370=75350

函館記念     3680=202400

函館二歳        570=31350

七夕賞      4450=244750

●CBC       不的中

●ラジオ      不的中


馬券生活が出来る様に目安1レース49500円(1点5500円)均等買い

だいたいこの位の収支があれば生活出来ます。

投資に慣れている方なら感じないと思いますが、

慣れていない方は「1レース5万は高い」と感じる方もいるかと思われます。

1つ例を出しますと…

2場開催で1日24レースを1レース約2千円ダラダラ購入しても5万です

仮にその24レース1番人気の単勝全買いだとしたら的中率30~35%

回収率70%程です。

この手法の結果は

平均的中率68% 平均回収率149%(2021年開始から12月まで)

どちらを選ぶかは明白です。


ざっと見てお気付きかと思われますが、参加レースにG1がないですね。

参加するレースはG2G3のレースのみとしました。

何故かと言えば

G1レースは、かなりの確率で人気馬が2頭絡みます

この手法は軸馬(1~5人気馬)から9頭流しますので、穴馬が馬券内に来なければ話にならないからです。

ワイド9点は点数多いと思う方もいるかと思いますが、至極指数での選出した穴馬等が相手なので

軸と穴馬が馬券内にいれば、ほぼ的中します

点数多いかも知れないですが、結果を見ればその分的中率は高く+回収もしています

そこはやはりG1を見送っているのもありますが、至極指数の穴期待値があるからです。

単純に指数上位だけ購入ではなく、この手法用にさらに厳選して選出しています。

この手法+G1時は【新.至極の1頭】や【至極の1頭】を活用すればさらに底上がります。

2022年1月8日を以て完成しましたのでお披露目します。

料金はこちら⇩

新規会員について