毎日王冠 京都大賞典 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新

毎日王冠

毎日王冠過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率70%・複勝率70%・単勝回収値189・複勝回収値104
1~3番人気成績:勝率27%・複勝率43%・単勝回収値82・複勝回収値68
平均馬連配当:5,152円
平均三連複配当:16,733円


馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

3歳が活躍するレースだが、56kgはカレンブラックヒルだけ。

ダノンキングリーと4kg差から2kg差になり楽ではない。

父はKingman、弥生賞は恵まれての2着で、 1800mにプラス要素はない。

大人気なので思い切って軽視するも有り。

休養効果抜群のようで、調教もウッドでやれて(近走はポリ)素晴らしい動き

東京では新馬1着にアルゼンチン共和国杯2着があり、丸っこい体型的にも短縮の瞬発力勝負がいいほうに出そうな感じはある。

ノヴェリストは非根幹が良く、東京1800mは全コーストップの7勝で〔複率33.3% / 複回167円〕と好成績。

速い時計で結果を出した馬はいないが、この馬は母マルセリーナで新馬の上がりが33.1。

先に抜けたヒシイグアスを捉えた脚は素晴らしく、過去一番強い競馬だったようにも見える。減点は皇成。

4連勝の内容は平凡でも、金鯱賞と新潟大賞典は好内容で着実にレベルアップ。

新馬以来の1800mは距離不足の印象も、半姉ルージュバックは同コースのエプソムカップ、毎日王冠の内容が素晴らしい。

悩んだが、この2戦の上がりは36秒台、瞬発力勝負への対応と人気の兼ね合いをどう見るか。

安定感は抜群、隼人もいいですがね。

安田記念は状態面で人気を落としていたが、やはり力がある。

写真は太く見えるものの、調教は前走よりかなり順調で、良い頃の動きに戻ってきた。

高速馬場の東京1800mはベストで、3歳時の毎日王冠、共同通信杯はめちゃめちゃ強かった。

58kgは楽ではないが、シュネルとの比較上はかなり有利だ。

川田で好位から中団、太め残りさえなければ順当に好勝負。

7歳だが調教の感じが良く、東京1800mはベスト。

リピーターで、ブリンカー、枠も良く加点だらけ

あとは速い上がりに反応できるかどうか、1.45.8-33.5はあるが、加齢との戦いになる。

安田記念は少し強引に逃げたが、トーラスを行かせて番手でもOK。

見せ場はあるだろうし、あと一押しが効きやすいのが毎日王冠だと思うので。

上がりは速いが時計なし、ドバイは1.46.9くらい。

東京1800mの瞬発力勝負は不向きで、ドバイの2着で人気になるし、祐一先生でもここは買う場面ではない。

安田記念は恵まれたが、人気馬に対しては斤量2kg、4kg差は大きなアドバンテージになる。

再びダイワキャグニーとの兼ね合いで、すんなり行ければチャンスはある

札幌記念はソダシの圧力に負けたが、距離短縮もプラス。

あとは状態面で、写真で見る馬体は素晴らしいが、調教からは良化途上かもしれない。


京都大賞典

京都大賞典過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率30%・複勝率60%・単勝回収値67・複勝回収値78
1~3番人気成績:勝率20%・複勝率53%・単勝回収値68・複勝回収値91
平均馬連配当:17,259
平均三連複配当:42,627


馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

オールカマーを叩いて使うのは昨年と同じ(3→5着)。

内枠から好位は有利だし、グローリーヴェイズやレイパパレがいたオールカマーより相手関係も楽になる。

目黒記念3着、京都大賞典5着なら距離は守備範囲だが、2200mほど信頼はおけず、外回りも阪神も得意ではない。

今回は厳しい点もあり。

川須問題は、アイスバブルの水口と考えれば何の不満もなくなります。

意欲的で若々しいというコメントで、時計からも今週は明らかに上向き。

良馬場向きで距離ベスト、阪神の経験は少ないが、太め残りの阪神大賞典で見せ場を作り4着。

直線の長い外回りなら、東京と同様に走れるのでは。

日経賞は前残りを外差し、新潟大賞典は大外に回して距離不足、目黒記念はドスローの凡戦でトップハンデ、ダービー後の武史というのも影響したか。

ここはメンバーが薄いし、3着があっても驚けない

決め打ちする佑介なので、追込は勘弁、これまで乗った3戦は先行しているので、前なら。

夏は苦手で秋が良く、休み明けも良い。

遠征がどうか? 状態は? と微妙な感じだが、能力を出せば強い馬

人気薄のときはいつも買うべきで、このメンバーなら印は回る。

前残りの候補。阪神は課題のイレコミが少ないコース。

一昨年が大阪杯以来で2着、休養長めでも問題はない

ルーラーシップは内回りのほうがよく、福島2000mや中京・中山・京都の2200mがベスト。

直線の長い2400mは少しずれる。

ステイフーリッシュと同じくダンビュライトも2200mがベストなのが減点。

牝系的には少し時計がかかってほしいのもある。

春は疲労もあったが宝塚記念はだらしなかった。

気性的な危うさがあり、高速馬場への対応も未知数で、人気だと軸には推せない。

普通に走れば最右翼だし、ミルコは連勝時の鞍上でいいイメージがある。

復活してほしいが半信半疑。

阪神は得意で、馬体写真も良く見えるし、調教もしっかりやれた。

このメンバーなら久々の勝利へ期待は大きい。

前進気勢が足りないのは加齢かもというコメントと、テン乗りで出遅れの悪癖が出る可能性が気になるポイント。

和田竜は良さそうだが、やってみないと分からない馬なので、安定には欠ける。

でも本当に、ここはチャンスがある

この馬の取捨が馬券のポイント。

目黒記念は大凡戦で、32.4での2着を鵜呑みにして人気にするのは危険思想。

課題の高速対応は残したままで、超堅実なコース相性とトレードオフになる。

鞍上が西宮S(阪神で唯一の馬券外)で詰まった戸崎だけに、外をぐるっと回ると開幕週の罠も想定。

4歳で馬柱がきれいなだけに人気はやむなし、友道に転厩できた時点で期待の大きさは察してます。

これもマルセリーナ(毎日王冠のラストドラフトは半兄)。


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA