東京スポーツ杯2歳ステークス 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新
新至極該当馬&至極該当馬の結果はレース後の当日か翌日には更新します。最下部記載⇩

東京スポーツ杯2歳ステークス

過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率50%・複勝率70%・単勝回収値99・複勝回収値83
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率53%・単勝回収値61・複勝回収値67
平均馬連配当:4,000円
平均三連複配当:22,566円

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

新潟組だが、当日は向かい風で上がりかかる中での強い競馬。

3着馬がアルテミスSを勝ったサークルオブライフ、4着馬も次走勝ち上がり

ヴァイスメテオールの半弟で、キタサンブラック×メゾンブランシュ牝系なので少しスピードと瞬発力が足りないか。

1人気だし、適性の問題が残るので人気ほどの信頼はない。

新馬はジオグリフの2着、2戦目は致命的な出遅れ。

前走は直線で包まれたが、動じず外に出しての楽勝。

ライバルのアスクビクターモアがアイビーSでグランシエロと接戦しており、東京1800m経験も含めてこの2頭がベンチマークになりそう。

前向きなカレンブラックヒルでマイラーだろうが、祖母がウインドインハーヘア。

期待された母はディープインパクトの姉で、ようやく出た感じだ。2歳戦の1800mなら

初戦は平凡な内容だが、スローの前残りを勝ち切って、破った相手にキラーアビリティ。

それ以外に活躍馬はいないが、レース前のメンバーレベルが喧伝された一戦だった。

デイリー杯に向かった兄たちと違って早くから東スポ杯を目指したように藤原英×福永の期待は高い

6月から成長しているかどうかだが、調整は入念で、大跳びの迫力あるフットワーク。

POG指名馬でやや入れ込み気味ですが、陣営信頼。

新馬はそこそこのメンバーを相手に、不利な外枠からの先行策。

直線は11.2-11.8で抜けてあっさり勝負を決めた。

追われてしっかり伸びたし、引き続き坂井瑠星。

前に行ければ間違いなく楽しめる

調教から特筆すべきポイントはないが、新馬も同じだった。

ここもかなりの不人気だろう。

キズナ×Street Cryで、祖母はSelkirkのスプリンターだがバゴの妹。穴で注目。

初戦は手応えよくコーナーを回り、突き放した。

418kgから馬体は成長していそうだし、能力は足りる

モーリスの仔で函館が強すぎたかもという懸念はあり、母はシャフリヤール、アルアインの全姉だが、東京がどうか。

人気を見るとあまり気乗りしない。

新馬はセンスを感じる競馬で、人気のチェルノボーグを相手に11.0-11.7で押し切り。

まだ余力もありそうで、最終追い切りも大外をよく伸びた。

もともと騎乗予定の石川に替わるのは微妙でも、まあ相沢厩舎なのでやむなし。

エピファネイア×ルーラーシップ×ダンスインザダークで1800〜2200が良さそう。非社台で人気なし。

結果

【新.至極の1頭】
該当馬 ⑤レッドベルアーム 2人気 5着
【至極の1頭】
軸  ⑦デリカテス 10人気 11着
次馬  ⑪テラフォーミング 9人気 9着

本日の展開は逆に予想してしまい、散々な結果に終わりました・・・

読み切れず反省して次に備えます。


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA