有馬記念 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】と【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


有馬記念

1番人気成績:勝率60%・複勝率80%・単勝回収値134・複勝回収値101
1~3番人気成績:勝率27%・複勝率60%・単勝回収値97・複勝回収値95
平均馬連配当:4,339円
平均三連複配当:7,199円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-3-1-34/405%15%2738
3~6枠7-6-5-62/809%23%5257
7~8枠1-1-4-34/403%15%744

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-1-0-6/70%14%076
440~479kg4-2-4-35/459%22%4364
480kg~6-7-6-89/1086%18%3341

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位3-1-4-19/2711%30%4474
2~3位3-4-3-23/339%30%6584
4位~3-5-2-85/953%11%2129

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位3-2-2-30/378%19%6939
4~6位3-3-2-33/417%20%3348
7位~3-5-5-64/774%17%1853

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長5-8-7-106/1264%16%1741
前走と同距離1-0-0-5/617%17%28368
前走より距離短縮3-2-2-16/2313%30%6288

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

傾向からは面白いのだが、内回り実績? 昨年のエリザベス女王杯⑤着では足りないよなー。ハマった+斤量差があるとはいえ勝ちパターンのソダシに勝ったことは評価できる。岩田父はトナカイからのダイアトニックで絶好調。アリストテレスよりさらに不人気なので押さえます。

週初めは一番買いたかった馬なのだが、いくつか気になって結局消しました。まず③番枠のメリットがあまりなく、出足が遅いので後方から直線は外に出して差してくるしかない。3歳同士ならともかく、この相手で届くかというと? あと、1週前にやりすぎた気がする。そして売れている。重賞未勝利の追込馬としては破格の人気だろう。祐一人気もあるし、シビアにやめました。

 目黒記念は太め残り、京都大賞典は仕上げ? 調整過程は満点とは言えなくても、ブリンカーで行きっぷり抜群。昨年は出遅れ気味で後方から回ってきただけの9人気⑥着。今年は絶好枠で、ロスなく先行してどこまでか。過去実績、血統から舞台は合う。忘れた頃の豊さん、まるで売れないならうっかり3着狙いで少々。

オールカマーもエリザベス女王杯も馬場バイアスに恵まれた。モーリスの距離延長、さほど上積みは見込めぬ状況で軽視したいが、また絶好枠。超良血馬の本格化だし、こうなると鞍上込みで3度目もあるか。押さえたいのはヤマヤマですが、人気から買う以上はどうにもならん。

ジャパンカップは絶好調で、ムーアの鬼騎乗もあった。それ以前にメンバーレベルは低く、能力の保証も京都大賞典の一発だけ。適性、乗替、状態の上積みなど加点できない面が多く、買いにくい。最高の枠を引いたので、少し売れてくれるのは歓迎です。化け物かもしれんけど、これが来たらしゃーない。

やはり厳しい気がするなー。太いし、試行錯誤が過ぎる。春より良くても、買いにくいな。オッズはさすがに美味しくなってきましたが、動かないほうに賭けます。これも、来たらしゃーない。

天皇賞・秋は強かった。明らかに成長してきて、馬体も調教も素晴らしい。中山2500mだけという状況で、まずはルメールが大きなアドバンテージ。タイトルホルダーがめちゃめちゃ飛ばせば別だが、普通ならそこまでタフな流れにはならない。2019年に負けたアーモンドアイはローテの狂いが大きく、あのようなガス欠はないと思う。あとはルメさんがどこで動くか。舞台と展開からタイトルホルダー有利という予想にしたが、仕上がりと斤量は上位。

成長途中だが、調教後馬体重+20kgは好感。枠は少し外で難しいが、うまくインに入れて神戸新聞杯のような形になれば面白い。早めの競馬を示唆しており、スタート直後のイン取り合戦がうまくいけばチャンスあり。状態は良好で、杉山厩舎でもあり不気味な存在に。中山もホープフルS❷着があり、距離短縮歓迎。そしてマーカンド歓迎! 早めに2番手に上がり、人気2頭に食い下がってほしい。各方面の穴予想で推されていて、売れたなー。

宝塚記念は厳しくて素晴らしいレース。2ハロン目10.4、2.09.7のレコードで、今年のベストレースだと思う。あの流れで圧倒するんだから実力はナンバーワンで、逃げ馬不在のマイペース。少し外だが行きやすい枠だし、菊花賞や天皇賞・春の競馬をやれば捕まえるのは至難。少し懸念されている中山適性については、昨年は発展途上で大外枠、低調な日経賞はデキがかなりイマイチ。器用だし、阪神であれだけタフなレースが得意なんだから問題ないと判断します。少し太めに見えるが気持ちで走れる馬だし、イクイノックスを圧倒する逃げ切りが見たい。

一番悩ましいのはこの馬。タイトルホルダーのマイペースならこの馬を買わねばと思っていたが、痛恨の大外枠。有馬記念では死に目だが、先にツイートしたように中山2500mのフルゲート全体では4頭が勝っている。まるでダメではない。調教は動いているし、川田、展開、ハイレベルの宝塚記念④着健闘、昨年❷着でこのオッズ。川田のドS追い vs. 押しても動かないディープボンド様の対決は見物です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA