新潟記念 小倉2歳S 競馬予想 馬券傾向 【至極の1頭】複勝🎯

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新

新潟記念

1番人気成績:勝率20%・複勝率40%・単勝回収値64・複勝回収値68
1~3番人気成績:勝率17%・複勝率33%・単勝回収値79・複勝回収値68
平均馬連配当:6,416円
平均三連複配当:30,334


馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

新潟の長い直線はベスト

狙った前走は戸崎らしくない凡騎乗。

最内枠でまったくの不人気だが、うまくハマっての一発追込みの可能性あり

調教の動きは素晴らしく、叩いて明らかに上昇

内枠と斤量の問題はあるが、実力は一枚上

なかなか順調に使えない馬がようやく万全で出てきた印象なので、格好をつけねばなるまい。

鞍上にちょい不安はあるも、直線は間違いなく内が開く。

腹を括って距離ロスなく伸びてくるイメージか。

京都専用機だったトーセンラーの仔らしく、平坦の長い直線は大得意です。

前走は圧倒的な外差し馬場。

不利な流れでも大きくバテず、成長が見えた。

都大路S → 鳴尾記念 → 七夕賞と結果を出してきたが、今回はまた不人気ゾーンに戻った。

単勝オッズのイメージよりは売れているが、戸崎だし、展開にも恵まれそうだ。

小回り持続力リンクの傾向からも相手に買っておきたい。

キングズベストに、牝系は豪州のStar KingdomにHerbagerと重厚。

このレースで穴を開けるタイプにも見える。

ワークフォースの上級馬で、ここまでくれば崩れないタイプ

北海道リーディングのかかる武史がわざわざ乗りに来るし、コース適性も高く、斤量も恵まれた。

軸候補だったが、指数はさほど伸びず。脚元の不安はある。

七夕賞は完全な前残りを大外ぶん回しで見せ場十分。

昨年の新潟大賞典も前残りの大外を追込んで、ブラヴァスに競り勝った。

当時同斤のトーセンスーリヤが57.5、こちらは据え置き。

昨年の新潟記念は馬体減で苦労していて参考外、舞台適性は高く、状態も良化が見える。

一長一短のメンバーで馬券圏内のチャンスはありそう。

体重二桁増なら激走の期待高

ディープの瞬発力×ノーザンダンサー系の持続力は血統的にもハマるが、上がりに限界があるので少しでも時計はかかれば。7枠も可。

函館記念は推して先行圧勝。

和生騎手も自信満々で、ここは最低4着以上でサマー2000王者を狙う鞍になる。

57.5に大外枠と厳しいが、コースは得意で調教も唸っている。

勝つまではどうかも圏内候補としては引き続き有力だろう。

売れ方を見ると、クラヴェルより少し下の人気かな。それならば。


小倉2歳S

1番人気成績:勝率20%・複勝率60%・単勝回収値54・複勝回収値79
1~3番人気成績:勝率30%・複勝率53%・単勝回収値141・複勝回収値89
平均馬連配当:6,763円
平均三連複配当:22,740円


馬柱

※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

函館で好時計圧勝。

距離は違えど札幌2歳Sのトップキャストに似たレースぶりで、能力はあるが重賞で出せるかどうか

小倉への超長距離輸送と、外差し馬場など克服すべき課題も多いが、サンデーレーシングであえて使ってきた以上は軽視禁物だろう。

全兄は昨年2着のモントライゼ。

丁半博打だが、人気的には控えめな売れ方で、買いやすい。

新馬はセンスの良さで快勝。

馬体のバランスが抜群で、調教を見るとパワーやスピードは一枚上の印象を受ける。

難しい枠だが、松山なら好位差しできる。

ショウナンカンプ×ダイワメジャーに、曾祖母がヒシアマゾン。

モズナガレボシ(父グランプリボス)のときも書いたが、父系存続に向けて期待したいですね。

今年の2歳はディープの4億円馬も待つ国本オーナーが、茶木厩舎に贈った千葉セリの期待馬。

当時からの上積みがあれば大物だが、少なくともここは完成度が武器になる。

初戦に選んだフェニックス賞は、直線目立つ脚で追い込んだ。

調教猛時計、差せる展開、2戦目の変身で加点が多い

父は2歳戦からバリバリ稼いだPractical Joke(米ダートG1-3勝, 1400-1600m)。

Into Mischiefの流行ダート血統で、前傾になりやすい小倉1200mには合っているのではないか。

土曜に新馬勝ちした藤田晋オーナー、早速の重賞勝ちでも驚けない。

今年のメンバーと展開なら軸という手もあるが、余分に売れているのはたしか…

新馬は展開に恵まれたが、スタニングローズ(ハイレベルの新潟2歳S-5着)を相手に危なげない逃げ切り。

新馬の相手関係が怪しい人気馬だらけなので、ここは強みとして加点できる。

父アメリカンペイトリオットはDanzig系War Frontの仔で、米G1(芝1600m)勝ち。

母は2勝クラスの千直を勝ったスプリンター。

ゴドルフィンだし、配当的にも可。

ミッキーアイルの小倉1200m(2歳戦)は2年間で〔7 1 1 6〕複回206円と素晴らしい。

小回り向きの早熟スピードだろうが、ほとんどが好位差しでコース形態にマッチ。

この馬の前走も、出遅れた上に不良馬場のハイペースだったが、内をするすると進出できた。

父の戦績を裏づける器用な脚がある。

上がり時計は速くても外差し馬場なので、外枠から先行勢を見ながらの好位差しで。

新馬から遠征続きで間隔が詰まるのは心配も、調教は動けているので問題ないと判断した。

フェニックス賞は不良馬場で参考外と思われたか、案外な人気で狙いやすい


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA