富士S 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

イラストの説明をここに入力します。改行はスクリプトにより自動的に削除されます。どの項目もフォントや色などはスクリプトの動作に影響しないので,お好きなようにカスタマイズしてください。

当日午前11時頃更新


富士ステークス

1番人気成績:勝率30%・複勝率40%・単勝回収値102・複勝回収値63
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率47%・単勝回収値104・複勝回収値100
平均馬連配当:3,767円
平均三連複配当:28,021円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-0-2-30/346%12%4126
3~6枠5-6-4-60/757%20%3080
7~8枠3-4-4-36/476%23%4787

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg1-0-0-1/250%50%12075
440~479kg6-1-3-41/5112%20%8249
480kg~3-9-7-84/1033%18%1481

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位0-2-1-15/180%17%055
2~3位3-3-2-24/329%25%4272
4位~7-5-7-87/1067%18%4272

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位1-1-1-31/343%9%1121
4~6位3-5-2-31/417%24%4080
7位~6-4-7-64/817%21%4786

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長0-0-1-10/110%9%0115
前走と同距離7-6-6-76/957%20%4070
前走より距離短縮3-4-3-40/506%20%4060

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

朝日杯FS❷着、NHKマイル④着はともに不利なコースどり、伸びない内で負けて強し。勝ち馬ダノンスコーピオンとの評価は逆でもいいと思う。世代レベルや良化度で軽視した安田記念は大健闘、一番外を回して0.1差④着なら古馬G1でもやれる。中内田厩舎で仕上げ良好、前向きすぎる気性で休明も問題ない。なによりダノンとの2kg差は大きく、負けられない一戦になる。鞍上が佑介なのでデイリー杯みたいな仕掛け遅れてひやひやするレースはやめてほしい。堂々と抜け出しましょう。

難波Sでファルコニアと❶同着、1.46.0ー33.2。谷川岳S❷着は馬場の悪い内からで展開も向かず、府中牝馬Sは太め。試してみた1200mは忙しかったが、CBC賞のレコードにも対応して1.06.7ー33.7。本来のマイルに戻るのはいいし、泉谷くんや秋山真からのルメールは大きな加点。好位〜中団で人気馬の前、展開も合いそうだ。中1週で状態平行線も、穴で買ってみたい。半兄にダート短距離界の常連スマートダンディー、スマートセラヴィー。母ちゃん凄い。

NHKマイルの勝ち馬で、朝日杯FS❸着。同世代のマイル路線は低レベルで、両レースで不利のあったセリフォスのほうが評価は上になる。斤量差2kg、調整過程の差を見ても今回は不利だ。あとは割って入る馬がいるかどうか。共同通信杯で崩れたが、当時は明らかに状態落ち。今回は本数少なくても動けているし、ソウルラッシュ以外には負けないかなあ。人気3頭の決着はやむなし、減点はあるので馬券的には・・・。

マイルへのジャンル変更は大正解。マイラーズCは驚くほど強かったし、4連勝の間に完全に本格化した。安田記念は直線で出すところがなく、不完全燃焼。高速馬場への対応は答えが出ていないが、あの競馬で1.32.9ー33.3で0.6差なら問題なさそうに見える。斤量の差を考慮して2番手にしたが、今回セリフォスに勝つ可能性があるのはこの馬だろう。調整は順調で動いているが、太め残りは注意。下河辺牧場のルーラーシップで石川達絵さんとくれば、キセキです。

安田記念⑦着は1.32.5ー32.6で上がり最速。大外からジリジリ伸びたもので見せ場はなかったが、メンバー下がって同じ競馬をすれば圏内という目算が立つ。武庫川Sで1.32.1ー33.1があり高速馬場は歓迎。出して行くと伸びないし、1番枠なので最後方あたりから外差しだろう。左回りは人気を裏切るレースが多いのと、ローテ狂って仕上げ直しという調整過程。そんなに美味しい人気にもならんだろうしね。祖母エアメサイア、曾祖母エアデジャヴー。

マイルへの短縮はいいし、アルメリア賞の1.46.3ー34.2はジュンブロッサム(ダノンスコーピオン、ローシャムパークらと僅差)に勝ったことを評価。毎日杯はドゥラドーレスが詰まって負けたレースで、前残りの低レベル戦。ヒモ候補だったが、調教からの上積みは今イチ。決め手も高速決着も強調できない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA