富士ステークス 競馬予想 馬券傾向 新至極🎯 至極軸🎯

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新
新至極該当馬&至極該当馬の結果はレース後の当日か翌日には更新します。最下部記載⇩

富士ステークス

過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率30%・複勝率40%・単勝回収値104・複勝回収値63
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率47%・単勝回収値105・複勝回収値100
平均馬連配当:3,665円
平均三連複配当:26,289円

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

前走は少し不利もあり、マークされての3着。

51kgなので物足りないが及第点かな。NHKマイルは勝ったシュネルマイスター以上の好内容で、実績ある東京に戻り期待できる

状態がまともなら最有力なのだが、絶好調には見えなく、1番枠もやりにくいのは減点。

前走は57.5kg、内枠で前め。もともと内は馬場が悪かったが、千直のような競馬で大外の差し馬しか伸びなかった。

得意の東京(エプソムC、プリンシパルS)で良馬場、斤量も減るなら巻き返して当然だろう。

マイルさえこなせれば、人気落ちで狙える

前回ハマった内枠を今回は味方にしたいところ。

落馬、ダービー、控えて失敗と敗因明快。

ニュージーランドトロフィーは恵まれすぎて鮮やかだったので、直線の長いコースでどうかだが、逃げれば〔3 0 0 1〕でダービー以外は勝っている。

単騎逃げなら、朝日杯や札幌2歳Sでももう少し際どかったのでは。

能力は足りて、鞍上交代も良し。この馬に限らず、個人的にも佑介はそろそろ諦めて瑠星に期待。

ピンパーですが、想定より売れていない。

爪の不安が解消して充実一途。関屋記念は恵まれた競馬だが、今回も調教が良く、また好枠を引いた

父Point of Entryはロベルト系Dynaformerにメイプルジンスキーの牝系で、アメリカの芝中距離(1800-2400m)G1を5勝。

人気なので悩ましく、新潟 → 東京でソングラインよりは下という序列もある。

セントライト記念は距離が長いうえに、直線は詰まって鞍上も早々に諦めて追わず。

ハイレベルのNHKマイルでも直線で二度切り換えるロスがありながらの6着で、内容的にはシュネル、ソングライン、グレナディアに僅差で続く。

調教はいつも良いが今回も絶好

速い上がりが使えないのは弱点も、マイルでこの人気なら可。

母キストゥヘヴンは中山得意な桜花賞馬だが、京王杯SCで33.2の鬼脚2着、ヴィクトリアマイル4着がある。ただミルコが良かった。

昨年の2着は楽な競馬ではなく、NHKマイルの勝ち馬(レシステンシアは仕上がり×でレベルは低い)でコースも向く

調教は軽いが、ミルコで軽めは仕上がっているというのが定石か。

相手関係や距離、仕上がり問題で馬柱が汚れているが、G1以外で崩れたのは前走だけ。

流れに恵まれれば巻き返しても驚けないし、あとはリアルインパクトが早熟でなければ。

BMSはUnbridled’s Song産駒のSongandaprayerで、牝系にパイロやOlympio。ベースはマイル向き。

春の敗戦は気性面や距離もあるが、重賞で本質的に強い競馬をしていなかったことか。

能力不明のまま人気なので印は回さなかったが、調教は春よりよく見えるし、距離短縮でいきなり走っても驚けない。

結果


【新.至極の1頭】
該当馬 ①ソングライン 1人気 1着
【至極の1頭】
軸  ⑦タイムトゥヘブン 10人気 3着
次馬 ②サダル 8人気 7着


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA