函館2歳S 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新

函館2歳S

1番人気成績:勝率30%・複勝率40%・単勝回収値83・複勝回収値54
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率50%・単勝回収値111・複勝回収値97
平均馬連配当:7,260円
平均三連複配当:22,883円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-1-3-31/375%16%3399
3~6枠5-8-6-57/767%25%36106
7~8枠3-1-1-34/398%13%14653

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長2-2-0-25/297%14%18166
前走と同距離8-6-8-72/949%23%4696
前走より距離短縮0-2-2-5/90%44%0316

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

他馬を気にする面があり、スタートしてしばらく外から被せられて下がる。

4角では外に膨れながら伸びてきて、スプレモフレイバーと0.3差。

2戦目はブルジュドバイとのマッチレースを制して、上がりは36.8。

時計比較で同日のブトンドールには見劣るが、タフな競馬への適性を示した。

揉まれなければという条件はつくが、能力差は少ない。

カレンブラックヒル産駒で、ノーザンファームらしからぬ渋い血統。

新馬はスプレモフレイバーの組。

2人気で挑むも、内枠から先行してだらっとした競馬。

2戦目は下げて差しに回り、4角ではかなり外を回して差し切った。

渋いレースぶりで道悪歓迎、めちゃめちゃタフで厳しくなると台頭するタイプだろう。

この時期の2歳には過酷な競馬になると見ての穴推奨。

期待されたが走っていない繁殖で、曾祖母がアグネスデジタルの母・Chancey Squaw。

同日の未勝利(ミスヨコハマ)が同タイム。

上がりは35.6>36.8とかなり違うのと、メインの3勝クラスが1.10.2、1勝クラスの特別が1.09.7。

4人気だったように調教本数が少なかったし、新馬としては悪くない。

上積みあり、鮫島克駿が前走乗った馬が3頭いるが、選ばれたのも強調材料だ。

新馬が初速の遅いレースだったので、追走できれば。

牝系はダート色が強く、字面は道悪OK。

テスコボーイ系の命運を託されたビッグアーサーの初重賞が見たいです。

素質上位で調教も鞍上も上。

新馬の逃げはマイナスだが、懲りずに人気かな。

これをどうするか、買うならどう組むかが焦点だったが、重馬場となるともはや何でもありなので。

当日の3勝クラスが1.08.3、1勝クラスが1.08.4、1.08.8。1.09.9は悪くないし、来られて納得の押さえまで。

消して勝負の手もあると思う。

インゼルの一番星。時計速く、まだ余裕もあった。

前向きすぎる感じはあり、2戦目で折り合いに不安が出なければいいが。

クラブのやる気もあって新馬は仕上がっていた(ちなみにPOG指名馬です)。

ソシアルバターフライの牝系にスティールハート×サクラバクシンオーで、祖母はちょうど30年前の当レース勝ち馬。

時計は優秀で外せないが、枠も内過ぎるし半信半疑。

新馬でブルジュドバイに勝ったが、スムーズで何のロスもない競馬。

ミスヨコハマとの比較で下に見たが、時計は悪くないし思ったより売れていない。

状態面の上積みあれば侮れないが、強調材料も?

新馬のクリダームには完敗も、直線は狭いインから外目に切り替えて馬群を割った。

操縦性が高いし、時計比較やレースぶりからやれてもいい。

未勝利勝ちは2Fが10.5のハイペース。

雁行4頭を見ながら進み、4角は楽な手応えで回しての完勝だった。

センスがいいし追走力があって崩れない。鮫島克駿のパートナー争いには落選したが、池添のコメントにも自信が。

調教も動けているし上積みもありそう。外枠からの好位差しでお願いします。ダイヤモンドビコーを出したステラマドリッドの牝系。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA