京成杯 セントウルS 競馬予想 馬券傾向 ※ワイド的中🎯 回収232%

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新

15-8.10.13.14 (4点)ワイド流し均等買い

8-15 250円  14-15 680円 的中 

投資10000円 回収23250円 回収値232%

ワイドとは別に複勝 
2.3倍【至極の1頭】(2点)
1.5倍【新.至極の1頭】(1点)
も的中!

京成杯

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

NHKマイルCは大味な競馬でよく粘ったし、右回りに替わるのはプラス

朝日杯のパフォーマンスなら勝てる組み合わせだが、当時からの成長と小回り適性がどうか。

1番枠を味方につけられれば良いが、窮屈な競馬を強いられるとFrankel由来の気性面に不安もある。

米遠征も控えていて勝ち負けしなければならん立場だが、56kgは不利だし、条件ベストではない。

喉の手術明けで手探りだろうが、調教は動いて本調子を思わせる。

58kgだが他馬も重めだし、実績は断然

中山1600mは初めてでも、1800mには実績があり、マイルCSの勝ち馬でイン差しも可能。

もともと休明のほうが走る馬で、武史が乗ってこの人気でそそられます。

ちなみにシンボリルドルフの牝系です(久しぶりの原稿なので書いておく)。ピンパーですが期待高。

2勝クラスと3勝クラスはどちらも圧勝で、楽々と好位から外をまくって、坂で突き放した。

トゥザグローリー×フレンチデピュティ(牝系はステイゴールドやサッカーボーイのダイナサッシュ)で、中山に替わるのは大きなプラスだろう。

菅原明くんも目標を前に置いて乗りやすい。

高速馬場と状態面が鍵だが、東京や新潟でもやれてきたし、まだ物足りないにしても安田記念を底として状態も上がってきた。

同舞台のニュージーランドTは展開も相手も枠も恵まれての大楽勝。

今回は我慢させる形を想定しているようで、朝日杯くらい走って足りるかどうか。

54kgは有利で、完調手前でも動きは抜群だった。

馬体もいいし、矢作先生であっさりまであるかもだが、信頼は…

調教の動きは抜群で、馬体を見ても近走では一番良い

1年ぶりのダービー卿を逃げて4着、そこから一戦毎に上向いてきた。

このコースに1.31.7-34.5があり、ここは先行馬が多いので前を見て好位から進む形、2019年のダービー卿(典さんで13番枠から6-7-6 → 3着)のようなレースになるか。

和生は控えても自信がありそうなコメントを出しているし、バスラットレオンとスマイルカナが控えるなら思わぬ先行ペースも。

オッズも旨味たっぷりで、ここで復活となれば、昆先生の腕ですね。


セントウルS

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

ファルコンS完勝の中京コース、内枠で穴っぽい。

状態が本物かどうかと、本質的に開幕週向きではないのが、要注目

高速の前傾ラップが得意で、ヴィクトリアマイルの敗退は想定内だろう。

1200mに戻って加点はあるが、ベストは1400mで、調教もいつもほど唸る感じではない。

能力で来る可能性は高くても、大人気でも鉄板とは言えない。

人気で迎えた前走は出遅れがすべて。

ここは仕切り直しでの重要な一戦で、池江師のコメントにも自信と期待が表れている。

母ビリーヴも高松宮記念を勝ったコースで、小倉よりは乗りやすいし、中山の強さから急坂もプラスだろう。

距離も騎手も遠回りを強いられて、藤井や荻野極で頑張ってきた馬だ。

浜中でも加点がある。人気馬の直後からガチで好位差しの勝負、ポテンシャルに高期待

セールスポイントは中京〔1 2 0 0〕で、3走前に0.1差だったクリノガウディーとの比較からも人気がなさすぎる。

ゴールドアリュールで時計面が心配になるが、1.07.2-32.8を持っていて、兄インプレスウイナー(父フサイチコンコルド)もオープン4勝を含め全6勝すべて左回り。

血統面を含めての適性◎に推したい。

中京での鞍上はすべて丸田騎手。

土曜のホウオウイクセルで大出遅れをやらかしたが、意外性抜群の穴男。逆襲に期待。

2020年の高松宮記念降着から不振が続いたが、得意の中京で連勝。

完勝で時計も速く、目覚めた感はある

とにかく内に行く馬なので、あとはこの枠をどう乗るか。

岩田父は手の内に入れているので基本心配はしていないが、やらかす可能性はゼロではない。

調教は動いているが、間隔が空いて状態もパーフェクトではなく、不安点も。

レシステンシアら人気3頭のうしろから好位差しか。

前走は勝ちたかった鞍だと思うが、異質な高速馬場で、外枠から控える形でもよく詰めた。

状態はさらに上がって凄い時計を連発しているし、パワー型で得意の中京(シンザン記念含め2戦2勝)に替わるのも加点

祐一も期待しているようだし、ここは試金石だが人気でも消せない。

祖母(サクラバクシンオー×オジジアン)にスプリントの源があり、近親にはウキヨノカゼ(スプリンターズS-3着)、クィーンズバーン、ダノンカモンなどが並ぶ。

力で押せる1400mがベストかも。


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA