中日新聞杯 競馬予想 馬券傾向 至極🎯

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新
新至極該当馬&至極該当馬の結果はレース後の当日か翌日には更新します。最下部記載⇩

中日新聞杯

過去の馬券傾向

1番人気成績:勝率20%・複勝率60%・単勝回収値93・複勝回収値102
1~3番人気成績:勝率13%・複勝率47%・単勝回収値63・複勝回収値87
平均馬連配当:6,573円
平均三連複配当:17,934円

馬柱
※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。
至極指数⇒オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度


基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

状態は良く、展開にも恵まれそう。

とはいえ重賞では通用していないし、人気先行で指数的にも微妙。

試金石だが静観。

昨年2着後は馬券になっていないが、スローペースで上がりが速いときに好走している。

同じ舞台の愛知杯は厳しいペースで、上がりがかかっていた。

先週を見る限りタフな馬場ではないし、逃げ馬不在で昨年同様の先行策。

競り負けたボッケリーニとの斤量差が1kg → 3.5kgになるのは魅力だ。

状態は近走では一番良さそうで、馬具も変えてきた。

昨年の勝ち馬。前走はデキが良くないわりには健闘したし、ラーゴムとの比較ではこちらが上だろう。

好位に行けるし、状態アップでトップハンデでも中心視

人気が割れてくれればラッキーだが、そう甘くはないかな。

信頼してここから薄めの手もある。

京都大賞典、アルゼンチンと充実しているのは間違いなく、荻野極でも安定感が出てきた。

若干距離不足の印象も、前述のオルフェーヴルに祖母イソノルーブル、中京なら坂で相殺できる。

54kgは有利で、状態も良い

プレシャスブルーを買うなら一緒に追い込む相手に。

積極的推せないのは距離もあるが、やはり騎手問題。

新潟記念の4着は極端な外差し馬場で、3頭に先着されたもの。

トーセンスーリヤあたりと接戦できれば力は足りる。

12-2月は〔2 2 1 0〕、得意の季節で復調気配が見える

丹内問題はあるが、54kgに初ブリンカー。

近走の位置どりに陣営は不満もあるようだし、先行するなら我慢してあげましょう。

キズナ産駒で、曾祖母タレンティドガールのチヨダマサコ牝系。

BMSが8日に亡くなったアグネスデジタルっていうのも。

前走は出遅れてちぐはぐに。

函館記念は勝ったトーセンスーリヤが強過ぎたが、先行馬には厳しいペースを外を回って3着。

当時も57kgだし、状態良好で、展開に恵まれれば可能性はある

少し外を引いたが、7枠は16頭以上の特別戦だと〔単189 / 複142〕、複勝率も最も高い。

京都と函館が得意な馬で坂に不安はあるが、左回りは問題ないし、祖母も曽祖母もオークスに出たナナヨー牝系にオルフェーヴル〔単134 / 複178〕なら舞台も悪くないはず。

池添が欲しかったが、藤井が減点。

前走はポツンからの大外ぶん回し、先着された2頭より斤量は有利になる。

七夕賞とオクトーバーSは前残り、狙った新潟記念は直線で詰まったぶんで、差はなかった。

中京2000mは下級条件だが〔1 1 0 1〕、スローから速い上がりが出せるので舞台は合う

近走は安定しているし、吉田隼人は何よりプラス。

状態はキープ程度でも、夏よりは冬場のほうがいい。

展開が向かなそうなのは悩ましいが、また人気がないようなら頭から狙える。


結果

中日新聞杯

【新.至極の1頭】
該当馬 ボッケリーニ 2人気 4着
【至極の1頭】
軸   プレシャスブルー 12人気 12着
次馬  シゲルピンクダイヤ 10人気 3着


別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA