中山牝馬S 競馬予想

※指数1位の購入馬は本会員様のみです。

馬券生活 【至極の1頭】と【新.至極の1頭】2位~3位馬

中山牝馬S

【新.至極の1頭】

本日見送りです

指数2位

サトノダムゼル

対抗に推した愛知杯は、超ハイペースを粘った。

外枠は不利だが、前に行ける脚はあるし、重馬場は〔3 0 0 0〕と得意

底を見せていないし、堀先生も状態に自信を持っている

ディセンバーSのパフォーマンスはホウオウピースフルが上になるが、上積みや斤量など条件は揃った。

母はドイツG3(芝2000m)勝ち馬で、兄はケンタッキーダービーとドバイワールドCのアニマルキングダム。

血統的なパワーもあってこれが軸でもよいのだが


【至極の1頭】

指数2位

ロザムール

中山金杯は逃げて4着、ウインイクシードに早めに来られたがしぶとかった。

同舞台の前々走もコーナーで突き放して粘る競馬。

負かしたニシノカツナリは次走ドナアトラエンテの2着、4着ウインカーネリアンの成績からも互角以上

クラスは上がってきたが、近走は東京の1600mで切れ負けして崩れた以外は抜群の安定感

重・不良馬場も2.3着とこなしている

ローズキングダムは1800mが複29.7% / 複回96円で距離ベスト

2000mから前進があるとみて押さえ程度。

指数3位

ロフティフレーズ

前走もさほど負けていないし、昨年は特殊な馬場で先行して1.1差。

中山〔3 2 2 4〕で他場〔1 1 2 9〕、人気のサトノダムゼルとは似た馬場と展開で二度接戦

内枠と斤量で加点がある(馬自体は外枠のほうが成績は良いのだが)。

丸山元気はかなりうまく乗りこなしていて〔3 1 2 4〕、内からポジションを上げて抜け出す競馬を得意にしている。

彼以外だと〔1 2 2 9〕、丸山×中山になると〔2 1 1 1〕。

マルゼンスキーの牝系にノーザンテースト×ディープインパクト×ロードカナロア。


ブログには平場も公開しています。

https://ameblo.jp/kurono252525


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA