ラジオNIKKEI賞 CBC賞

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


ラジオNIKKEI賞

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

脚元に難があって苦しんでいるが、新馬圧勝からのデイリー杯でセリフォスと接戦。

NHKマイルCはまったくの途上だったが、今回はきっちり攻められているのが大きな加点。

正直なところコース適性も外枠も怪しいし、ペース対応も未知数。

それでも素質と上積みは一番で、ハービンジャーの半兄ボーデンは中山1800mでも好走している。

あっさり勝って驚けない馬が、このオッズなら。

スプリングSの内容から力は上位。

淀みなく流れたエリカ賞のような競馬ができるので、イン溜めからの差し込みがありそう。

状態が上がりきらずで軸には推しにくいが、友道先生なのでなんとかしてくるのでは。

とにかく気性がヤバい馬で、プリンシパルSは直線までインでずっと嫌がったまま。

圧勝した中山1800mのように逃げるしか手はなく、菅原明良だし注文をつけて行くのだろう。

解き放たれたときの力はまだ見せていない可能性はあるし、コースも向く。

一考の価値あり。父はWar Frontの仔で、母はリマンド3×3。ヤバい仔から個性派へ。

ホープフルSの5着と弥生賞の3着はスロー。

速くなった皐月賞はアスクビクターモアとの差が開いた。

速いペースの小回り1800mで一列下がったポジション。

デビューから2戦の福島1800mで勝ちきれなかったのも怪しい。

状態は良いが、1人気で買うタイミングではないと思うから考えよう。

ブリンカーをつけた大寒桜賞で行きっぷり一変。

超ハイペースをよく粘ったあと、白百合Sを圧勝した。

ペースに恵まれたが堅実なヴェローナシチーを抑えたし、ここでも通用するレベル。

未完成すぎる2戦目にサトノヘリオスと0.1差(中京2000mでレコード決着)、今なら逆転できるのでは。

半兄ピクシーナイト(スプリンターズS)で、前向きになった今なら距離短縮による加点もある。

⑦⑧を行かせての3番手でOKで、どんどん良くなっているのが強み。

東京で勝ち上がり、毎日杯でピースオブエイトの2着。

超大型のモーリス産駒で、広いコースのほうが走りやすそうだ。

ここはペースも上がるので、うまく回って直線に向ければというところ。

馬柱がキレイで戸崎もあって売れているし、取捨選択。

近走まったくの不振からの、前走は単勝万馬券での逃げ切り。

4角で突き放す鮫島駿のファインプレイ+馬場も味方につけたとはいえ、相手はディオ、アストロフィライト、ジュンブロッサム。重賞級。

ここにどれが出てきても1人気濃厚かと。

逃げて①③①だし、パンサラッサの吉田豊で51kg。

逃げてほしいが、ダメでも飛ばすショウナンの番手かな。

まだ身体を持て余していて調教でもうまく走れないが、能力を出し切れれば可能性はある。


CBC賞

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新

フィリーズレビュー、小倉2歳Sのレベルは高め。

桜花賞はお構いなしに外を回っては仕方ない結果で、前走は葵S除外の影響もなく大楽勝。

メンバーには恵まれたが、ここもそんなに強い馬はおらず、49kgは裸同然。

小倉は少し忙しいところに、1枠で藤懸。

スムーズに乗れるのかはかなり怪しいが、逆に言えばそこだけ。

佐々木晶三のキズナ産駒で、アカイイトやヨカヨカの岡浩二さん。初重賞のチャンス。

モンドキャンノ(京王杯2歳S)の半弟で、母もアイビスSSで3着があるスプリンター。

前走は直線詰まりかけたが、33.5-33.8で1.08.0、最後はよく伸びた。

忙しいのは確かでも、1200ストライクの可能性はあってヒモ穴に。

菊花賞に出た馬がスプリント重賞を勝った例、2000年以降にあるんかな?

前走は距離短縮の1400m、1人気で5着。

直線で外に出せず詰まりまくっての不完全燃焼だが、走りは悪くなかった。

秋山真が問題だな、マーメイドSで暗黒騎乗やられたばかりなので無信用。

堅実派だが超高速馬場も鍵になる。加点が多く、オッズ的にも馬券には入れたい。

近走不振だが、時計のかかる馬場やダート。

小倉に1.07.1(未勝利、前半32.4)と1.07.4(2勝クラス、前半32.9)があり、どちらも逃げて大楽勝。

後者は最後流してビオグラフィーあたりを突き放した。

指数的にも昨年のファストフォースが89.7、斤量の関係でタイセイビジョンが91.7だが、この馬の未勝利は89.9、2勝クラスは88.7と互角の評価ができる。

5歳牝馬で終わっている可能性もあるが、調教は馬なりで手応え十分。

外にスティクスがいるのは鍵で、50kgの国分恭介は出すイメージあり。

北九州短距離Sはインをするする上がるも、悪い内で最後は追わず。

1.0差なら悪くない。

昨年2月の小倉(1勝クラス)で4着に敗れたが1.07.5で走れたし、中山ではあるが函館SS2着のジュビリーヘッドを57kgで下している。

相手や時計に不足なし。新潟千直を好走後で、行きっぷりの良化にも期待がもてる。

森田厩舎+和田竜もよく、穴候補。

ヴァンセンヌはディープインパクト×フラワーパーク。ニホンピロウイナーなので活躍馬を出してほしい。

小倉の未勝利勝ちが1.07.1でスピード指数が89.7、大楽勝だった。

夏の小倉(1勝クラス)はCBC賞の前日で、52kgで1.06.9(前半32.4!)。

逃げ候補だが、同じゾーンのタマモティータイムに比べると、かなり売れているのがネック。

馬柱に1着が見えるかどうかと、シルク×ノーザンもあるかな?

昨年は52kgで1.06.0。内枠からの逃げで露骨に恵まれたし、今年は56kgで大外枠。

消したいところだが、高松宮記念が新境地。

重馬場で外枠から出鞭、かなり押してようやく先団で、直線も不利な外だったがしぶとく伸びていた。

力をつけているし、出足がつかないこともあるので外枠は競馬がしやすいか。

松山でもあり、流れに乗れれば地力で来ちゃうかなと。

48kgもあって今村聖奈の重賞初騎乗。

前走は33.6-34.2で1.07.9、52kgでの楽勝だった。

道悪ベターだが、小倉得意で好枠でためられればチャンスも。

超高速決着が未知数のわりに売れているので、怖い一頭。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA