ホープフルステークス 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


ホープフルステークス

1番人気成績:勝率60%・複勝率80%・単勝回収値135・複勝回収値100
1~3番人気成績:勝率30%・複勝率63%・単勝回収値95・複勝回収値84
平均馬連配当:3,040円
平均三連複配当:11,537円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠3-1-4-20/2811%29%6165
3~6枠6-7-5-54/728%25%3260
7~8枠1-2-1-35/393%10%532

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-1-1-4/60%33%092
440~479kg5-2-2-61/707%13%3526
480kg~5-7-7-44/638%30%2879

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位6-5-6-34/5112%33%3867
2~3位4-5-4-31/449%30%5290
4位~0-0-0-41/410%0%00

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位4-4-2-46/567%18%2346
4~6位3-1-2-29/359%17%2040
7位~3-5-6-31/457%31%5076

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長5-7-6-51/697%26%3364
前走と同距離5-3-4-55/677%18%2944
前走より距離短縮0-0-0-0/00%0%00

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

Kahyasi×Kerali×デインヒルが父母にいる面白い配合。牝系にはBanks Hill、Dansiliなどブラックタイプ満載です。野路菊Sの102は最高値で、本当に強かった。レース間隔、気性面、厩舎などに不安材料はあるが、一瞬の脚は中山でも強みになると思う。祐一先生も気合入ってるしね。

新馬はグランヴィノスの❷着で82、未勝利は88で圧勝。出遅れから差しに構えて良さが出た。3角から押し上げて外を回し、手応えも素晴らしかった。内回りであの競馬なら中山2000mでもやれるだろう。もう少し外が良かったが、コース成績良好な豊さんなら。曾祖母グレースアドマイヤ、近藤英子さんの一族。アドマイヤグルーヴ(サンデーサイレンス×トニービン)×グローリアスデイズ(サンデーサイレンス×トニービン)もいいねー。晩成だと思うが、指数からは通用していい。

POGでも大人気、藤田晋×矢作先生の期待馬。新馬は新潟1800mで73、メンバーレベルは疑問も5馬身差で文句なし。東スポ杯は調教の動きが酷く、伸びずバテずの⑤着ならよく走ったとも言える。調教は明らかに良化していて、人気が落ち着く今回は穴候補になる。母はサロミナ(サリオス、サラキア、サリエラの母)の半妹で、6歳時に日経新春杯⑤着のやや鈍足タイプ。血統的な魅力に配当も十分だが、やや晩成かも。ヒモ穴。

新馬はミッキーカプチーノの組で、3着だが80。京都2歳Sで穴軸指名して勝ちきったが、逃げ切りで指数も高くない。今回も恵まれるかどうかがポイントで、好枠ゲット。ほかの逃げ候補はドゥラエレーデ、トップナイフ、ジェイパームスだが、主張すれば再度行けるかな? 重賞勝ちでも売れなそうだし、買い目には入れたい。

未勝利は逃げ切りで79。萩Sは93で完勝、京都2歳Sでもイン差しで❷着。よく走っていて中山向きのイメージだが、野路菊Sでファントムシーフに完敗。典さんの中山2000mが酷いこともあり、ヒモ穴まで。逃げるような気もする。気のせいかな。

新馬は中山1800mで69と平凡だが、道悪の黄菊賞は84で悪くない。初戦は先行、2戦目は大外一気でどちらも強い内容だし、クリスチャン継続騎乗は大きな加点。ジャスタウェイ産駒の不振は軽く減点。母はクロノジェネシス、ノームコアの半姉で、この条件も向きそう。売れすぎていてどうにも・・・。

ドゥーラに敗れた未勝利戦が高くて87もある。東スポ杯もムーアが強気に競っての④着で、差してきた後続以上に価値がある。指数も95あって、不人気なら買ってもいい。ムーア後で疲労残りは心配も、乗替がムルザバエフなら楽しめる。

 新馬・未勝利は小倉1800mで71、64。未勝利勝ちの指数は低いが、4角で外に膨れながらの差し切り。京都2歳S❸着は不利もあったが、インを突いたのが良かった中山の多頭数をどうさばくか。武史に魅力も、キタサンブラック産駒の不振は気になる。ヒモ穴候補。

新馬は東京2000mで81と優秀、好発から雁行の番手。4角先頭から楽々抜けて、11.4-11.3-11.1は凄い。レースぶりは文句なしだが、3.4.5着馬が次走敗退でメンバーレベルは微妙かも。昨年の勝ち馬キラーアビリティの半弟。ルメール → イーガン、ジャスタウェイ産駒の不振。外枠だしオッズ次第かな。このあたりでも例年なら有力馬。

新馬はフリームファクシ、グリューネグリーンを従えての完勝。今年の新馬ナンバーワンで、指数も83。さらなる証明は葉牡丹賞で、2歳で上がり35秒を切りながらの1.59.1は凄い。歴代断然トップ、指数も97ある。大外からだらだら脚を使う形になると厳しいが、枠自体の不利はデータ上少ない。ローテは矢作先生、枠は戸崎を信頼しつつ。千代田牧場はサークルオブライフから少し復活の気配。同じ牝系だし、こういうのPOGで指名したいですね(セレクトセール3960万円)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA