ニュージーランドT 阪神牝馬S 競馬予想

※指数1位の購入馬は本会員様のみです。

当日10時~11時頃更新

ニュージーランドT 指数2位3位

【新.至極の1頭】

指数2位

☆ヴィジュネル☆

ファルコンSはハイレベルかつ前残りで、よく差を詰めてモントライゼと0.2差なら評価できる

スパークルには勝っているし、新馬はアールドヴィーヴルの2着。

枠の加点もあり十分に圏内だろう


【至極の1頭】

指数2位

☆ワザモノ☆

ジュンブルースカイにブルメンダールと揃った激戦だったが、狭いインをこじ開けての快勝。

ひいらぎ賞でシュネルマイスターの2着もあり、枠の加点もあって上位評価になる

馬券的には鞍上と人気の天秤。

黛騎手の重賞は〔2 0 0 37〕で、2015年のフェアリーS(11人気ノットフォーマル)と2016年のエルムS(7人気リッカルド)を勝っている。

先日の嶋田騎手(スプリングSで狙った▲アサマノイタズラ)同様に、このままの人気なら狙い目

指数3位

☆ワーズワース☆

ダートで2連勝。

出遅れてハイペースに乗じた前走はOP級の数字で、初芝をどう評価するかだけ。

函館2歳Sを勝ち、京王杯2歳Sで2着したカシアスの弟で、祖母は芝2000mの仏G3勝ち馬。

母父ディラントーマス(凱旋門賞、キングジョージなどG1-6勝)を考えればむしろ芝血統だろう。

前走ダートの馬は過去20年で出走ゼロだが、東京とは違って中山1600mならダートタイプでも勝負になる

メンバー的に魅力のある馬も少ないし、単穴で推したい。

阪神牝馬S 指数2位3位

【新.至極の1頭】

指数2位

☆至極1位と同じなので会員様のみ☆


【至極の1頭】

指数2位

☆メイショウグロッケ☆

半年ぶりの六甲Sは淀みのないペースで失速したが、牡馬のG3級が相手だったし、0.7差なら着順ほど悪くない

1400mの京都牝馬Sと1200mのセントウルSで穴を開けたが、ずっとマイルを使ってきた馬。

メイショウサムソン×マンハッタンカフェでも、似た血統の近親メイショウツバキはスプリンター。

本格化が5歳秋と遅く、まだ衰えは少ないだろう。イベリスとリアアメリアくらいしか先行馬はいないし、浜中で再度穴候補と見たい。

指数3位

☆ドナウデルタ☆

前走は距離、前々走は4角で包まれてルメールなのに何もできなかった。

阪神〔2 1 0 1〕で、着外も一旦先頭で惜しい4着だったチューリップ賞。

オープンの1600mも3走前の中京でピースワンパラディに勝っていて、クリアか。

当時も1枠からのイン差しだったが、和田竜(初騎乗)なら脚は余さないだろうし、早めに動く期待もある。

配合的にはベストの条件だし、人気がないなら狙ってみたい


ブログには平場も公開しています。

https://ameblo.jp/kurono252525

コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA