ニュージーランドT 阪神牝馬S 桜花賞 レース傾向

ニュージーランドT 馬券傾向

1番人気成績:勝率20%・複勝率50%・単勝回収値68・複勝回収値74
1~3番人気成績:勝率20%・複勝率47%・単勝回収値81・複勝回収値81
平均馬連配当:9,680円


このコースで行われる重賞戦は荒れる場合が多いですが、この重賞もその一つですね。

3歳限定戦ということで馬が掛かりやすく、おしまい止まる馬、その止まった馬に合わせて伸びない馬など不可解な凡走も見られる。

馬場も荒れてきている頃で、少しでも馬場が緩いとやる気を出さない瞬発力で伸びる馬は割引きたい。

特に東京コースでヨーイドンで強い勝ち方をしてきた馬は、このコースは明らかに苦手コースなので人気しているなら思い切って切っていきたいですし、コースの利であったり、パワーや悪い馬場でも強さを発揮している競争心の強い血統などは狙い目。

血統理論で言う集中力タイプの馬が狙い目になります。

いわゆるレースが激しくなればなるほど、レースに合わせて頑張っちゃうタイプ。

3歳戦なので、過去のレースではまだどういったタイプなのか分からないかもしれませんので、血統面でチェックしてみてもいい。

まだまだ過去の戦績だけでは、どの馬が強いのか判断しにくいところにこのコースでの重賞競走。

【至極の1頭】が得意とするレース

阪神牝馬S 馬券傾向

1番人気成績:勝率30%・複勝率50%・単勝回収値86・複勝回収値66
1~3番人気成績:勝率20%・複勝率43%・単勝回収値64・複勝回収値69
平均馬連配当:8,081円


牝馬限定戦で荒れる重賞のイメージがある。

もちろん牝馬ということで紛れもあるが、どちらかというと末脚がしっかりしている馬はここでも好走する。

近走、凡走している人気馬の巻き返しよりも下条件を一気に連勝してきた馬(4歳馬)のほうが結果を残している

このあたりはオッズの歪みを感じるので、積極的に実力馬入れ替わりを狙っていきたい。

5歳以上の古馬は休み明けでも大丈夫。

どちらかというと末脚がしっかりしている馬を選びたい。

関東馬の出走はあまりないが、出てくるとあまり好走しない牝馬の体調管理が難しいのか?

これは同じ週に行われる桜花賞でも似たような傾向。

後は枠順も多少影響がありそうで、中枠から外で偶数枠がレースがしやすそう。

ただ、やはり何度も言っているように最後の末脚がしっかり使えるのが大前提で、直線向いて前が綺麗に空いてバネのように伸びるのを期待したい。

【至極の1頭】が得意とするレース

桜花賞 馬券傾向

1番人気成績:勝率10%・複勝率50%・単勝回収値12・複勝回収値62
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率60%・単勝回収値88・複勝回収値105
平均馬連配当:3,796円


2人気は[5-3-0-2]で連対率80%
10人気以下は[0-0-1-87]
1~2枠は[0-1-3-34]で過去1着なし
前走6人気以下は[0-0-1-51]
前走中山は[0-0-0-32]
単勝オッズ50倍以上は[0-0-1-86]

高人気馬の信頼度は比較的高めなものの、稀に大きく荒れる年があり、直近10年間の最高配当では三連単で70万円弱となっています。
特に2人気が好走傾向にあり、連対率で80%と高い数値となっている為、軸候補として予想を組み立てていく形が鉄板となりそうです。

コースが外回りコースを使うようになってからは波乱要素が1つ減ったが、それでも若い牝馬のG1レースは荒れる要素が高い。

まだまだ成長途上の馬たちなので、注目馬を出し抜く可能性のある馬を狙っていきたい。

逆に言うと桜花賞を勝つ馬よりもオークスを勝つ馬がやはり強い馬と言えるし、桜花賞で勝つ馬は後々1600mまでのレースで好走するように、距離適性も重要なデータとして出ている。

阪神競馬場は最後に坂があって苦しいが、道中は特に高低差なくスムーズに走れるので4コーナーまでは息が持ちやすい。

そこから持ち前のスピードを最後まで使い切れて展開の運も味方に付けられる馬に勝機がある。

なお、強いのに出遅れグセがある馬、ゲートが悪い馬は買いづらい

正直ここよりはオークス狙いで桜花賞はそういった癖があるけど強い馬は切っていきたい。

もう一つ若い牝馬ということで気性の問題がある。

長距離輸送は割引きたい部分であるし、当日の馬体重発表にも気をつけたい


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA