スワンS アルテミスS 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


スワンS

1番人気成績:勝率30%・複勝率60%・単勝回収値91・複勝回収値83
1~3番人気成績:勝率27%・複勝率53%・単勝回収値123・複勝回収値93
平均馬連配当:7,267円
平均三連複配当:16,620円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-3-2-26/336%21%451118
3~6枠3-3-6-63/754%16%1848
7~8枠5-4-2-37/4810%23%8159

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-0-0-1/10%0%00
440~479kg5-3-3-52/638%17%3248
480kg~5-7-7-73/925%21%19780

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位1-1-0-18/205%10%2615
2~3位3-3-0-17/2313%26%4666
4位~6-5-10-89/1105%19%16872

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位4-2-5-28/3910%28%9285
4~6位1-3-2-20/264%23%2268
7位~5-4-3-76/886%14%18153

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長1-2-2-47/522%10%27663
前走と同距離2-1-2-29/346%15%2443
前走より距離短縮7-6-6-48/6710%28%7475

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

絶好枠を引き、調教の動きは素晴らしい。飛びつきたくなるが、洋芝が得意すぎて高速馬場はどうかな。こなせれば穴馬に。1400mベストの可能性もあるし、展開も向きそうだ。ヒモで。

朱鷺Sは直線で外に張られたし、最後は2頭に挟まれて厳しい競馬。大外枠から不利あっての、タイセイディバイン、テンハッピーローズとやれていれば、著しく見劣ることはないのでは。2走前の3勝クラスは好位からイン差し。絶好の内枠から同じような競馬ができれば面白いと思う。紅梅Sでソングラインの2着もあり、菅原明とは〔2 1 0 0〕。地元阪神もあってか意欲的に追えているし、まだ4歳。ミッキーアイルの阪神芝1400mは36.7% / 93円と優秀(阪神全体でも他場よりかなり良い)。人気馬に条件が揃う馬がいないので一番マシレベル。近親にエリンコート、ミュゼエイリアン。渋い。

京都牝馬Sは1.19.7ー33.8とハイレベル。しかも仕上げ一息な上に56kgで押し切る好内容だった。高松宮記念❷着からの安田記念は出涸らしで、距離短縮(+安田記念からの黄金ローテ)も加点。条件ピタリで順調なら軸だったが、爪不安でセントウルSを回避。ローテが狂って万全ではないだろう。確率的には最有力だが、◎は打ちにくい。

フィリーズレビューはハイレベル。ナムラクレアのほうが評価できる内容ではあるが、上手にさばいて適性は高い。桜花賞は大接戦で0.2差、距離延長の問題が大きかったが及第点だろう。52kgは有利、桜花賞からの直行は初めてのケースだが、いいはず。前進気勢が強すぎて難しい馬で、祐一先生に戻るのはいいのでは。そんな気性なので休明もいいと思います。調教はぐちゃぐちゃだが・・・。

3連勝後はすべて1.07.7で着外だが、函館スプリントSくらい走れれば及第点。阪神でも勝っていて、オープンの1200mだと少し忙しい感じもあるので1400mで加点があるかも。4~9月〔0 0 0 7〕、10~3月〔6 1 1 6〕と寒い時季しか走らず、ここにきての状態は抜群に良い。指数が足りないのと外枠で穴軸には推せなかったが、一変の可能性はありそうだ。

京都牝馬Sは1.19.8ー33.7で❷着、レベルは高かったが、ロータスランドには2kgもらっていた。関屋記念はマイルで超スローなら悪くなく、ここは距離短縮が大きな加点。1400mは〔1 3 0 0〕とパーフェクトだ。あとは外枠をどうするか。掛かるので出すのは怖いし、下げて伸びるかは? そこがためらうポイントになる。


アルテミスS

1番人気成績:勝率40%・複勝率60%・単勝回収値99・複勝回収値80
1~3番人気成績:勝率20%・複勝率47%・単勝回収値60・複勝回収値70
平均馬連配当:5,447円
平均三連複配当:17,461円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-3-3-25/336%24%4965
3~6枠2-5-5-60/723%17%3662
7~8枠6-2-2-37/4713%21%23470

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg2-1-4-41/484%15%1334
440~479kg6-6-4-57/738%22%19291
480kg~2-3-2-24/316%23%1852

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位7-6-2-44/5912%25%23881
2~3位3-3-5-39/506%22%2354
4位~0-1-3-38/420%10%058

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位2-4-6-40/524%23%1177
4~6位4-4-1-32/4110%22%7645
7位~4-2-3-50/597%15%19568

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長0-3-2-42/470%11%057
前走と同距離6-6-6-55/738%25%6857
前走より距離短縮4-1-2-24/3113%23%33099

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

中山1600mを14人気で追込、単勝万馬券。出遅れ気味に出たし、直線も馬群を縫って凄い脚。400kgの小さな馬で▲51kgの恩恵はあったが、不良馬場で1.36.7ー34.4、前崩れの展開でもなかった。リアルスティール×キングカメハメハで、差し有利ないまの東京で切れる可能性は捨て切れない。佐々木大輔くんは初の重賞騎乗、まだ6勝だが9月以降に4勝。上積み重視という意味では厳しいが、人気皆無だろうしヒモ穴に。

新潟1600mで1.35.8ー31.4。ラストの脚はなんだこれ速い!という伸びで、数字は抜きにしても驚いた。2.3着馬が次走楽勝しており、レベルもクリア。中内田ー川田で前哨戦向きだ。本格化手前で調教は控えめ。平坦ベターな感じはあるのと、新潟は過信しないように注意しているが、メンバー小粒で有力だろう。母ヤンキーローズは豪G1を2勝している名牝で、父系はRobertoーRed Ransom。無事なら桜花賞候補に。

新潟1600mで1.37.5ー33.4、上がり最速だが超スローで相手も平凡。とはいえ伸びない内を力強く差し切ったし、仕上げも甘かった。3着馬(0.4差)が次走でリバティアイランドの新馬2着馬(0.5差)と0.2差2着。単純比較では、上積みあれば好戦可能。今回の調教は素晴らしく、馬体重的にも伸びしろは一番ありそうだ。祖母が名牝デインドリーム(凱旋門賞、キングジョージなどG1ー5勝)で、半姉にフローラS⑤着、オークス⑥着のルージュエヴァイユ。恐らく距離伸びて真価発揮だろうが、このメンバーなら勝ち負け。良血、杉山晴紀厩舎、草間庸文さん。妙に安い馬でPOG指名を迷った馬です。

小倉1800mの新馬はジリ脚の馬が多かった。活躍馬の兄たちと似て、先行して粘るタイプかなー。野路菊Sはカルロヴェローチェは様子がおかしく、ネアセリーニは骨折。評価の難しいレースだが、ファントムシーフは強いので、シンプルに評価する手はある。後続に6馬身、SP(スピード指数)は断然。キャリア2戦で馬体重もクリア、あまり売れていない。馬場傾向は抜きにして相手に推奨します。意外にもスタートが悪く押しているので、すんなり行けるかが鍵。

新馬は東京1600mで1.35.7ー34.1、出負けから外に出してよく伸びた。最後は抑える余裕もあり、下した2着馬は次走完勝、アイビーS⑤着。次走ダリア賞は弱メンでも、出負けから大外に出してねじ伏せた。内容はいい。木幡巧也でスタートも遅く、売れるなら消したいんだが。状態はかなり良さそうで、最後差してきて3着というのは買っておきます。岡田総帥のダノンバラード。

ノースヒルズのワンアンドオンリー産駒。福島1800mを36.2という鈍足レースで上がり最速、インをロスなく立ち回ったもので、小回り持続力タイプというのが第一印象。サフラン賞は18kg増えて、新馬で下した相手に逃げ切られたもので、道中はインの最後方。直線も出すところなく脚を見せながらの惜敗。上積みは大きく、1勝クラスでの訳あり敗戦は加点。直線でジリ脚を露呈する可能性が高いものの、父も使いながら成長したダービー馬。不気味な穴として。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA