ステイヤーズS チャレンジカップ 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

当日午前11時頃更新


ステイヤーズS


1番人気成績:勝率50%・複勝率80%・単勝回収値127・複勝回収値117
1~3番人気成績:勝率20%・複勝率50%・単勝回収値60・複勝回収値76
平均馬連配当:3,439円
平均三連複配当:9,808円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠1-1-3-19/244%21%1335
3~6枠4-4-5-59/726%18%3255
7~8枠5-5-2-28/4013%30%13474

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-0-0-4/40%0%00
440~479kg8-6-4-46/6413%28%8483
480kg~2-4-6-56/683%18%3936

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位2-1-1-7/1118%36%9974
2~3位2-2-3-8/1513%47%35155
4位~6-7-6-90/1096%17%5943

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位2-2-1-21/268%19%7343
4~6位1-1-4-24/303%20%1372
7位~7-7-5-60/799%24%7257

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長10-10-10-105/1357%22%5958
前走と同距離0-0-0-0/00%0%00
前走より距離短縮0-0-0-0/00%0%00

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

昨年の天皇賞(春)で逃げて➅着(0.9)。かなり厳しい競馬で、長い休みで衰えていなければ能力最上位という評価になる。天皇賞を含めても、逃げれば〔3 1 0 1〕。京都大賞典は2着とは0.4差で及第点の⑤着、ペースは速くなかったが押し上げ早めで先行馬には厳しい競馬だった。反動なければ有力だが、ビッシリやれないので3600mは少し不安が残る。人気で目標になるし、アイアンバローズが早めに来る展開で粘れるかどうか。圧勝まである相手関係と展開だが、ピンパー。

新潟記念で❷着好走、まだまだやれることを示した。左回りのほうがいいが、距離は3000m級でも問題ない。調教も動かなくなってきているので、相手関係だけで買えるかどうか。このレースに限っては新味扱いできなくもないが。ある程度売れるなら消したい所。

古都S❸着は直線でどんどん外に押し出されてのもので評価できる。骨折明けの六社Sは参考外とすれば、今年に入ってからは安定した差し脚。2月に勝った2勝クラスが強い競馬で、出遅れ+スロー+直線は狭いところを突き抜けて上がり33.3(2位と0.7差)。距離伸びて良さが出ていて、距離不足でカレンルシェルブル、キングオブドラゴン、ブレークアップあたりと0.5くらい。斤量増だが穴で。

天皇賞(春)でファンが増えた。激走の反動を癒やし、アルゼンチン共和国杯を予定していたが除外に。調整は順調、昨年❸着で距離は問題ないが、強調できる内容ではない。昨年の1-3着での比較としては、休明で3600mはキツいが、レーンは怖い。騎手で加点、オルフェーヴルも加点。ローテで減点、他馬との比較で悩ましい。

昨年の勝ち馬で、先行馬が残る中を力で差した印象。上位3頭では唯一評価できる内容だった。超鈍足馬で適性はかなり高く、京都大賞典は距離不足、札幌日経OPは58kg。あとは相手関係だが、ディアスティマとユーキャンスマイルくらいで、アイアンバローズが人気になるなら今年も有力。前年の覇者はアルバートの3連覇を除いても〔1 0 3 0〕とパーフェクト。1kg増と6歳でどこまで下げるか。池添負傷で戸崎。いいと思います。

京都大賞典は先行馬が多く、後ろからの競馬になって自分の形ではない。昨年❷着はスローの逃げで恵まれた。同様に先行できた阪神大賞典❷着、天皇賞(春)⑤着で能力上位だが、勝ち味に遅いので望来くんがどう乗るか。スタミナに任せてディアスティマを早めに捕まえにいき、押し切る競馬かな。先行馬が少ないので競馬はしやすいだろうが、昨年よりかなり上積みがないと怪しくなる。オルフェーヴル産駒はすべて違う馬で〔1 2 1 2〕、4.5.13.7.8.6人気で❷❸⑫❶❷⑤着だ。状態は絶好で、ギリギリ拾えたので押さえます。

近走はロバートソンキー(0.2)、スルーセブンシーズ(1勝1敗)、キングオブドラゴン(0.0, 0.1)、ハーツイストワール(0.1)あたりと差のない競馬ができている。古都Sは出して行きすぎた感じで失速も、日本海Sではプリュムドールに先着。乗り慣れたミルコに戻り、好走パターンの間隔で出てくる。鈍足のゴールドシップ×ブライアンズタイム×ラムタラ(牝系は華麗なるイットー~ハギノトップレディなんだなー)。福島2600mで圧勝実績があり、スタミナは足りそう。軸を迷ったくらいですが、調教と前走内容で次点とします。


チャレンジカップ

1番人気成績:勝率50%・複勝率50%・単勝回収値136・複勝回収値67
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率43%・単勝回収値70・複勝回収値66
平均馬連配当:4,113円
平均三連複配当:32,585円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠0-3-2-23/280%18%046
3~6枠7-5-5-49/6611%26%73104
7~8枠3-3-2-39/476%17%4254

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg1-0-1-5/714%29%2381
440~479kg4-6-4-41/557%25%72100
480kg~5-5-4-65/796%18%3359

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位2-1-0-9/1217%25%5552
2~3位2-7-2-19/307%37%11131
4位~6-3-7-82/986%16%5963

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位4-2-1-25/3213%22%7763
4~6位1-2-0-22/254%12%718
7位~5-7-8-61/816%25%51102

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長5-1-1-33/4013%18%7046
前走と同距離1-4-4-38/472%19%877
前走より距離短縮4-6-4-39/538%26%6899

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

七夕賞は最高のデキ、最高の騎乗で圧勝。新潟記念は疲れがでて、今回は少し良くなっているが当時のデキには戻っていない。右回り・内回りは加点。早めに動けることは証明されているので、外枠を引いて捲る競馬をしたい。

今秋も昨年同様にG1路線のつもりだったと思うが、金鯱賞⑦→鳴尾記念❸→函館記念⑤→新潟記念⑧と賞金加算に失敗。3,3,3,2人気での結果は言い訳もできず、状態も上がらなかったようだ。間隔を空けて立て直し、斤量も56kgになる。昨年の天皇賞(秋)で1.58.4④着、鳴尾記念でヴェルトライゼンデ、ジェラルディーナと接戦の❸着(0.1)なら完全に力上位でいい。苦手の右回りも京都記念で不利な展開を押し上げていて、阪神はデビュー戦と競走中止を含めての〔0 0 1 2〕で問題なし。ここは狙い目だろう。ずっと乗ってきた鮫島克駿を替えるのは不安だが、和田さんの根性で捲ってほしい。

神戸新聞杯は自分の形にならず、菊花賞は距離が長すぎた。レッドベルオーブの番手でハマりそうな感じはある。同舞台の京都2歳S❷着に始まり、共同通信杯❸着、スプリングSを逃げ切り、皐月賞は⑪着だが0.8差。恵まれないと来ない馬で、ほかの先行馬との兼ね合い。状態絶好という感じもないし、人気がないなら買う感じで。

前走は心房細動。昨年はかなり恵まれた(展開も斤量も)し、アクシデント明け、そしてオルフェーヴル・・・ 怪しい材料もいろいろあるので、思い切る手はありますな。長休明けでのアクシデントで調整を疑ったが、調教は万全に見えた。昨年と同じではなくても、コース適性、展開、ルメール。ほかに推せる馬もいないんだよなー。結局信頼して対抗◯を打ち、絞ることで期待値を上げました。いずれにせよ大人気なので、軸にして流すのはナシ。

一昨年のチャレンジC❸着、このコース〔2 1 1 0〕で適性高い。斉藤崇史厩舎らしい馬だ。京都大賞典は強気に乗りすぎたし、距離も少し長かったか。大切に立て直して安定してきたし、ここは売れるだろうな。状態は平行線で、オッズと相談になる。

京都大賞典⑩→アルゼンチン共和国杯⑨はいずれも狙える好条件での結果。ここは距離不足で人気を落とすタイミング。内回りは不向きだし、絞ったので買わなかったが、G3なら足りるので穴で考えておきたい馬。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA