クイーンステークス 競馬予想 馬券傾向

馬券生活【至極の1頭】【新.至極の1頭】


当日午前11時頃更新

クイーンステークス

1番人気成績:勝率50%・複勝率90%・単勝回収値138・複勝回収値133
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率47%・単勝回収値74・複勝回収値72
平均馬連配当:4,509円

馬柱

至極指数オリジナル総合分析指数
過去⇒デビューから当レースまでの記録
適正⇒馬場やコース
メイチ⇒関係者の当レースへの力具合
変わり身⇒前走からの状態や期待度

※指数1位でも購入お勧め馬ではございません。

【新.至極の1頭】
【至極の1頭】

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。


【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬

☆クラヴァシュドール

前走を見ても良かった頃の行きっぷりがない。

小回りで流れに乗れるかは微妙なところでも、藤岡佑介は良かった頃の鞍上。

福島牝馬Sで軸に推して取消という個人的な経緯もあり、これも不人気なら期待あり。


☆イカット

内枠でやる気を出すほうがよく、過去を見てもインから抜けたほうが脚を使える

逆に2走前は楽な手応えで勝ち馬に並びかけたが、伸びずに失速した。

武史もよく分かっているようだし、先行馬のうしろで折り合えればというところ。

よほど滞在が合うのか、中1週続きでも状態はかなり良さそう

前走は平凡だが、血統的にもまだ伸びそうだし、ディープインパクトの格上挑戦も歓迎。

牝系は祖母にBackpasser3×4のある米ダート血統で、パワーは伝わる。


☆フェアリーポルカ

近走は謎のダート参戦。

小回りの1800m重賞実績は最右翼で、得意の内枠を引いた。

和田竜 → 皇成は減点も、ルーラーシップにアグネスタキオン×フェアリードール一族で舞台適性は高い

56kgや状態が嫌われたかさほど売れていないし、穴で一考


☆ドナアトラエンテ

東京と新潟が異様に得意な血統で、ディープインパクト産駒に限ると東京〔複勝率73.7 / 複回164円〕、新潟〔83.3 / 111〕と凄まじい。

裏を返せば小回りや洋芝の適性がどうか。

中山でのパフォーマンスが下がっているし、過剰人気なので軽視したい。


☆マジックキャッスル

ヴィクトリアマイルは1枠で苦しい競馬になったが、しっかり馬券になってくれた。

2200mのエリザベス女王杯は長い気もするので、ここは勝ちに来たか

小回りは福島1200mを新馬で楽勝していて、秋華賞を見ると上がりのかかるレースも問題ない。

あとは56kgだが他馬とは差がないし、大丈夫かな。

充実期に入っていて休明も得意、札幌なら鉄板だったが、函館の適性は少し考える。

遠征で体重を減らすので、滞在競馬は有利だ。


☆ウインマイティー

洋芝適性の高いビッグレッド&ゴールドシップだが、状態面は様子見。

ミルコは良い。


☆テルツェット

ヴィクトリアマイルは無理めな仕上げや出遅れもあってノーカウント、今回はゆったり作って軽めの調教も弾んで見える。

ダービー卿は相手や展開に恵まれたもので、東京と新潟の高速マイルに実績があり函館1800mというタイプではないのだが、ここでルメールの初騎乗。

適性問題は中山の新馬(1800m・稍重)が凄い内容で、ここに求た。

祖母ラヴズオンリーミー、曾祖母Miesque(Kingmamboの母)の牝系で欧州型のパワーマイラーが本線

小さな馬なので急坂がないのも好都合上積み大きくここで軌道に乗るか


☆シャムロックヒル

ここ6戦で4勝、未勝利勝ちから一気に上がってきたが、2度の大敗で馬柱が汚れてまた不人気。

母は米G1(AW1700m)勝ちのTapit産駒で、サラス、セラピアの下。

怪物が出そうな血統からも、化ける可能性を秘めている

今回は外枠で同型問題もあるが、団野が強気に乗っての残り目か、惨敗か。ピンパーだが、調教も本格化気配



別館ブログ⇩では平場も公開しています。(当日11:00頃更新)

https://ameblo.jp/kurono252525

【至極の1頭】note重賞単発情報も販売⇩(当日11:00頃販売)

https://note.com/sigokukeiba

【至極のスポーツベット投資】は⇩コチラから

海外サッカー投資 スポーツベット始動


コチラ⇩3つに1クリックのご協力お願いします。
ランキング上がれば応じて無料公開も増やします。


単勝・複勝ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA