アメリカJC 東海S 競馬予想 馬券傾向

当日午前11時頃更新


東海S

1番人気成績:勝率50%・複勝率90%・単勝回収値95・複勝回収値113
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率57%・単勝回収値65・複勝回収値84
平均馬連配当:3,965円
平均三連複配当:18,873円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠0-1-2-30/330%9%060
3~6枠8-5-4-60/7710%22%5250
7~8枠2-4-4-30/405%25%2195

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-0-0-1/10%0%00
440~479kg2-1-2-24/297%17%30101
480kg~8-9-8-95/1207%21%3356

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位1-0-0-12/138%8%128
2~3位1-3-5-17/264%35%10102
4位~7-6-5-87/1057%17%4160

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位5-3-4-30/4212%29%4165
4~6位1-2-1-24/284%14%2459
7位~4-5-5-64/785%18%3267

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長1-0-3-13/176%24%2294
前走と同距離7-9-7-86/1096%21%3367
前走より距離短縮1-0-0-17/186%6%379

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

東京2100mで連勝中。2戦とも強烈なロンスパで、まったく止まる気配がなかった。追込一手でコース替わりは不利だが、この枠だし松山は最後方からイン差しかな。ハマれば凄い脚を使う。使いながら良くなったので、休ませたことでのマイナスがなければ。指数もあって穴候補。

7歳になった昨年は、一年ぶりのプロキオンS(0.2)→エルムS(0.3)を善戦。エルムSは気性難丸出しで、早々に愛の鞭を入れられつつの、4角から大外ぶん回し。いつまともに走るかは陣営も分からん様子だが、最大能力はここでも上位。距離不足の小回りから直線の長い1800mで加点があるし、気分がハマればぶっこ抜く。

みやこSは最後に差されたが、勝ちに出て一頭だけ前で残した。中京は2戦2勝、相手関係も楽になった。母がタニノギムレットの半姉、ジェネラスやSea-Birdが入って底力抜群。長く休んでいた馬で、脚元の問題と年末調整に少し不安はあるが、混戦すぎて絞れなくなるので陣営と川田を信頼した。初めての内枠も有利ではないが、能力を発揮できれば一番強い。前にプロミストウォリア、ハヤブサナンデクンがいるので早めの競馬かな。

 名古屋GPでペイシャエスとハナ差。ほとんど勝っていたレースで、ラーゴム、ケイアイパープルを離していて浦和記念より上とも言えるレベル。太秦S(1.0)→みやこS(0.3)でハギノアレグリアスに完敗だが、ヒモ穴なら。

福島民友Cが〔SP〕95と高いが、ベテルギウスSは82。展開が向いたのもあるが、勝ちきったのは評価。プロキオンSを除けば指数も安定していて、太秦Sではハギノアレグリアスと0.2で87。中京は初めてだが、中3週と詰めて使うと〔3 0 0 0〕とパーフェクト。やや売れすぎも、堅実な差しを評価。

摩耶Sは相手にも展開にも恵まれて〔SP〕79と高くないが、文句なしの圧勝。休明から3連勝で引き続きムルザバエフ。3走前に左回りの新潟で91を持っている。先行勢が手薄なメンバーで逃げ残り警戒だが、さすがに過剰人気だろう。馬券が後ろ寄りなので、ハヤブサナンデクン、オーヴェルニュ、ハギノアレグリアスには早めにプッシュしてほしい。いやー、ムルザバエフ怖いなー。

グリーンCC、武蔵野Sは上がり最速もスローで届かず。レベルは高かったのでチャンピオンズCでも期待したが、いつもより前で勝負して伸び切れず。馬体が重かったのも敗因だろう。チャンピオンズSは例年ほどのレベルではないが、平安S④着で足りるメンバー。それでも人気はさほど上がらず、ダートでは堅実な新谷厩舎。陣営のモチベーションも高そう。ハギノアレグリアスが前を捕まえる展開で、直後から伸びてほしい。

不良馬場の浦和記念をひとまくり、あんなに軽く動けるのかと驚くほどの楽勝だった。相手はラーゴムやアイオライトだからオープン特別くらいのイメージで、JBCクラシックとシリウスSの④着が立ち位置。基本線は人気薄で買う追込馬。父アスカクリチャン、母もオーナーの仔でいいですね。追切は動けなかったので低めの扱い。

中京では三宮Sの圧勝(ニューモニュメントに6馬身差は凄い)があるし、グロリアムンディに敗れた雅Sが〔SP〕101と超優秀。人気で負けたシリウスSはマークされた上に先行馬には厳しい流れ。前走も差し馬向きの流れを粘ったし、ここも展開ひとつ。祐一先生(三宮Sの鞍上)に戻り、外枠が引けた。狙いたいが、太め残りの可能性は高いのと、本当に厳しい競馬になると弱い。人気でもあり相手の一角まで。


アメリカJC

1番人気成績:勝率20%・複勝率50%・単勝回収値54・複勝回収値66
1~3番人気成績:勝率23%・複勝率50%・単勝回収値113・複勝回収値98
平均馬連配当:7,391円
平均三連複配当:19,835円

枠順別データ

枠番着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~2枠2-2-3-23/307%23%4381
3~6枠6-5-5-54/709%23%6656
7~8枠2-3-2-36/435%16%97118

馬体重別データ

馬体重着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~439kg0-0-0-1/10%0%00
440~479kg3-1-5-34/437%21%2854
480kg~7-9-5-78/997%21%9092

前走上がり3F順位別データ

前走上がり3F順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1位3-1-1-14/1916%26%10656
2~3位2-3-4-17/268%35%68131
4位~5-6-5-79/955%17%6673

前走3角順位別データ

前走3角順位着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1~3位4-0-2-41/479%13%11441
4~6位1-6-2-16/254%36%31198
7位~5-4-6-53/687%22%5866

距離変化別データ

距離変化着度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走より距離延長5-7-7-56/757%25%34112
前走と同距離0-0-1-10/110%9%019
前走より距離短縮5-3-2-44/549%19%13952

基本的に下記の候補馬から【新.至極の1頭】と【至極の1頭】を選んでます。
お勧め購入馬+買い目は会員様のみ配信しています。

【至極の1頭】【新.至極の1頭】候補馬
(当日11時頃更新)

天皇賞(秋)は他馬に迷惑をかけながら先行して0.9差。毎日王冠は自分の競馬ができずも差して0.4差。逃げなくても競馬はできるし、中山でも葉牡丹賞圧勝がある。このコースではセントライト記念で負けているものの、出入りが激しく前崩れ。休明〔3 0 0 3〕でも、負けたのは上記セントライト記念、毎日王冠に、2歳戦以来ではさすがに厳しい青葉賞。距離は少し気になるが、陣営のコメント通り右回りで上積みあるかも。

オークス以降馬券になっておらず、人気より走ったのも天皇賞(秋)10人気⑧着だけ。状態がかなり悪いところから徐々に上げてきて、今回は仕上がりが良い。外回りなら中山もいいし、むしろ最適かもしれない。あとはミルコがどう乗るか。京都記念で失敗したので前づけはなく、ガイアフォースをマークしてのロングスパート。人気馬が前がかりになる展開を期待。

クラス4戦目のオリオンSでオープン入り。内回り2200mでムジカに2馬身半、内有利の馬場を外から差した。2~4走前は差し競馬で先行しての惜敗で悪くない。坂井瑠星が合っている可能性もあり、不利のない流れで本領発揮。あとは人気がなければいいが、手薄なメンバーでそこそこ売れている。

昨年⑨着時は4角で下がってきた馬による不利が大きく、最後まで伸びていた。七夕賞当時よりデキは落ちるが、新潟記念よりいい。相手関係とオッズでの出し入れになる。穴指名が多く入ってやや過剰人気に見えるが、能力の絶対値は上。

セントライト記念でアスクビクターモアを競り落として〔SP〕97。離れた3着にローシャムパーク、5着が中山金杯勝ちのラーグルフでレベルも高い。菊花賞は距離とデキ落ちで、内枠でやや出遅れて出して行ったら掛かるという最悪のパターン。杉山晴紀厩舎は立て直す能力が高いし、怒りの乗替。ルメさんが寝てる時期なのは怖いが、能力を出せれば断然の相手関係。

新馬から見ている(POG指名馬)が、4連勝は負荷の低いスローの瞬発力勝負ばかりで、頭数も少なめ。ノベンバーSでノースザワールドを退けたのは評価できるが。。ロンスパ戦になる舞台、相手強化、距離延長で不安のほうが大きいか。試金石の今回は人気に見合わない。みんな同じことを書くので想定より売れないとは思うが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA